昭和24年
敗戦後の混乱を極めた世相の下で、戦争浮浪児の養育は緊急事でありました。
このような状況に焦心した遠藤光静(願成寺住職)が養護施設創設を発願し、
その準備として里子3名を引き取り養育を始めます。

昭和26年 施設建物建築工事を着工
しかし、施設は完成目前(竣工率90%)の翌年1月12日原因不明の火災により全焼
昭和27年 旧秋山小学校の払い下げ材を使用し、施設を再建。
6月24日に茨城県より認可を受け、私立「高萩臨海学園」が誕生 定員は40名 遠藤光静が園長となる
昭和30年 高萩臨海学園の定員を50名に増員
誕生時の臨海学園
昭和37年 社会福祉法人「高萩臨海学園」認可
昭和39年 建物の全面改築(日本自転車振興会)
昭和42年  法人名を「同仁会」、施設名を「臨海学園」に変更。乳児預かり所「日立乳児院」茨城県より認可 定員9名
乳児預かり所を増築し、乳児院認可 定員13名

日立乳児院
昭和43年 「同仁東保育園」茨城県より認可定員90名
同仁東保育園
昭和51年 日立乳児院を日立市から高萩市へ移転改築
日立乳児院を「同仁会乳児院」と改称 定員も24名に増員

同仁会乳児院
昭和57年 創立30周年記念祝賀会を開催
平成 6年 創設者理事長 遠藤光静 逝去
遠藤光洋が理事長に就任

ゆうゆうクラブ
平成 7年 同仁会乳児院の定員を30名に増員
平成 9年 高萩市より放課後児童健全育成事業の委託を受け、学童クラブ「ゆうゆうクラブ」を開設
平成11年 「同仁会子どもセンター」竣工
臨海学園と同仁会乳児院の合築し、同仁会児童家庭支援センターを併設

同仁会子どもセンター
平成12年 臨海学園の定員を70名に増員
同仁会乳児院の定員を35名に増員
平成13年 臨海学園の定員を80名に増員
同仁会乳児院の定員を40名に増員
児童養護施設「同仁会子どもホーム」開設

同仁会子どもホーム
平成15年 創立50周年記念祝賀会を開催
水戸市(旧内原町)に児童養護施設「内原和敬寮」情緒障害児短期治療施設「内原深敬寮」を開設、「内原同仁会子どもセンター」と呼称

内原同仁会子どもセンター
(改築前)
平成16年 同仁東保育園の定員を120名に増員
平成17年 臨海学園の定員を70名に減員
平成23年 臨海学園の定員を40名に減員
同仁会乳児院の定員を20名に減員
つくば市に児童養護施設「つくば香風寮」乳児院「さくらの森乳児院」を開設、「つくば同仁会子どもセンター」と呼称

つくば同仁会子どもセンター
平成25年 内原深敬寮全面改築


内原同仁会子どもセンター
平成26年 内原和敬寮全面改築
臨海学園の定員を30名に減員
内原和敬寮の定員を42名に増員